まさかインターネットでカジノが遊べるなんて

日本で財政難が叫ばれるようになり新たな財源探しに帆走をじはじめてずいぶん経ちます。年金の支給開始年齢は引き上げられ、消費税も上がりました。しかもこれらはまだまだ世論を紛糾させながら上昇を続ける様相です。新たな前向きな改革として、日本もついにカジノ解禁に舵を取り始めましたね。江戸時代から続く賭博禁止の生活が当たり前になっている日本人にとっては、政府がまたロクでもないこと言い始めたなーとビックリされたことと思います。かくゆう私の両親祖父母もそうでした。今も昔も博打は違法、パチスロだけはなぜだかOK!そんな環境で疑問を持たずに生きてきましたからね。政府はパチスロの議論が再燃することも覚悟の上だったのでしょうか。

本年度からカジノをどこに設置するのかも含んだ法令について議論が始まるそうです。できた法令に則ってカジノを含むIRの建設が始まりますのでまだまだ先の話です。候補地としては長崎から北海道まで8都道府県が名乗りをあげています。私は関西在住なので、もしも北海道や長崎に設置された場合、わざわざ出かけるかといえばまぁ行かないでしょうね。旅費を考えるとカンボジアやシンガポール、韓国など行った方が結局楽しめそうです。

そんなにカジノ誘致に関心のない私ですが、実は既にカジノで毎日遊んでいるのです!それがインターネットカジノなんです。ひと昔前からインターネットで遊べるカジノがあることは知っていましたが、ここ数年でウェブサイトやサポートまで日本語に対応しはじめました。現在では数万人の日本人が日本から遊んでいるとの統計が出ています。