ブラックジャックで勝つためのセオリーがわかりました

ブラックジャックはカードゲームの中では比較的難しい部類となっており、ディーラーとの駆け引きで勝敗が決まるものとなっています。ディーラーは自らカードを配り、そのゲームを支配するようなイメージがあるため、その駆け引きを優位にすることが勝つための秘訣と思われる傾向がありますが、実際にはディーラーと勝負をするのではなく、そのルールを十分に理解して自分を優位にすることが勝つためのセオリーとして意識しなければならないことになっているのです。

特に注意しておくべき事は、ディーラーは17と言う数字に縛られていると言う点です。ディーラーのカードを配る際にテーブルの上にあるカードの合計が17になるまではカードを出し続けなければならず、また17を超えたらカードを出してはいけないと言うルールがあります。そのため合計で17を超えるカードがテーブルに出てくる事は無いのです。これを意識することでディーラーが出すカードある程度予測でき、自分の戦い方の組み立てを考えることができるようになります。

これはテーブルにも記載されている基本的な事柄なのですが、ゲームに夢中になるとついつい忘れてしまい街のことです。この基本をしっかりと認識して、ディーラーの出すカードに一喜一憂しないことがブラックジャックで勝つための重要なセオリーです。