ブラックジャックの基本的なルールを教えます

ブラックジャックは、カードの合計値を21に近づけるようにプレーヤーがカードを引いていくゲームです。合計値が21を超えたら、無条件で負けとなりますが、21を超えない限りは、好きなだけカードを引くことができます。ディーラーは、自分のカードの合計値が16以下の場合は17以上になるまでカードを引かないといけない、17以上になった場合はそれ以上カードは引けないというルールがあります。なぜこのようなルールがあるのかというと、ディーラーがカードを引くのは、プレイヤーの結果が出た後なので手役を考えるヒントが多く有利になってしまうためです。カードの数え方は、Aは、1か11、2〜10はその数値のまま、J・Q・Kの絵札は10になります。配当については、21ぴったりのBlackJackでプレイヤーが勝った場合は、1.5倍の配当となり10ドル賭けているとしたら賭け金を含めて25ドルがプレイヤーのものとなります。ディーラーより21に近い場合は、1倍の配当で10ドル賭けているなら賭け金を含め20ドルの戻りです。双方がBlackJackか21以下で同点なら引き分けで賭け金はそのままです。双方が21を超えると、ディーラーの勝利となります。簡単そうでいて奥の深いゲームなので世界的にプレイヤーの多い人気のゲームです。